プレコときどきコリ

アクセスカウンタ

zoom RSS パフラジンF

<<   作成日時 : 2012/10/06 01:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像


成分はフラン系抗菌剤のニフルスチレン酸ナトリウムで、
エロモナス、カラムナリスに対応します。
エルバージュと内容は一緒です。

熱帯魚へは水100リットルに対して1グラムを入れ、
24時間薬浴します。
魚への吸収が早く、高濃度では危険なようで、
効果の有無にかかわらず、24時間後には使用を中止して、
繰り返し使用しないことと記載されています。
注意事項は結構多く記載されています。

光により分解するようで、遮光するよう指示してありますが、
蛍光灯やLEDでどれだけ分解するかは不明です。


エルバージュと比べると物凄く安い薬です。
購入したときは2000円でしたが、
通販だと1000円+送料くらいで購入できるようです。
5トン分で1000円は安いですね。


画像


中身は蛍光緑っぽい粉で、
水に混ぜると入浴剤のような色をしています。


熱帯魚 観賞魚用病魚薬/魚病薬[病気に!] ニチドウ パフラジンF 50g
アクアリウム ドリームシアター
コイ、フナ、金魚のエロモナス感染症(穴あき病、立鱗病、スレ病)、カラムナリス病(鰓腐れ、尾腐れ、口腐


楽天市場 by 熱帯魚 観賞魚用病魚薬/魚病薬[病気に!] ニチドウ パフラジンF 50g の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
良ければクリック宜しくです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんわ〜 何やら大変なことになてるみたいですねー
元々プレコ病と呼ばれるのは数種類あるみたいなので
そのうちの一つかもしれませんね
なんせ ほとんどの病気、寄生虫などは治せませんし
元々寄生虫なんかは共存関係にあってむこうじゃ
いるのがあたり前になってますもんね
エロモナスなども常駐菌ですし うちでわ
大概の場合は塩のみで治してます。
抗生物質の入ってるやつの場合耐性菌が現れる場合があるので 乱用はやめてます。
こまめな水替えと塩飲みですね。
その後はどうなってるのでしょうか?
シヴァ
2012/10/09 18:36
こんばんは

エロモナスが疑われる場合は、進行が早いので塩だと悪化する可能性が有り、私は塩を入れないようにしています。

今回の場合は、何も効かない感じで詰んだ感じですが、暫くはグリーンFゴールド顆粒で薬浴して様子見です。

ステルス
2012/10/09 22:53

コメントする help

ニックネーム
本 文
パフラジンF プレコときどきコリ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる